tel

0263-83-2758 (平日9:00〜17:00)

お問い合わせ

家づくりのヒント・日誌 blog

BLOG

住宅瑕疵担保責任履行法について


住宅瑕疵担保責任履行法について講習会が行われると
耳にしまして、行って参りました。

一般の方で、「瑕疵(かし)※1」と聞いて、ピンと来る方は少ないかもしれません。

※1:瑕疵(かし)とは
住宅として通常期待される品質や性能を欠いている状態のこと
民法的には、契約どおりに施行されていないことと解釈されます。

平成21年10月以降に引渡しされる住宅について
建設業者及び宅地建物取引業者は
住宅瑕疵担保に関する「保険契約」や「供託」
が義務付けされる法律が施行されようとしております。

建設業登録のない方については、今のところ対象外のようです。

確かに安全・安心を届けるためには必要なことと認識して
おりますし、基本的スタンスもそのようなところに置いて
はおりますが、地場の工務店さんや大工さんには、少なからず
影響を及ぼすことでしょう。

建築基準法の改正、品確法、住宅瑕疵担保履行法・・・
規制が厳しくなることで、私の住む田舎の住宅まで
建てづらい状況に陥っております。

今まで許されてきたことが、許されなくなることが多々
起こり、私たち建築士でさえ、日々国土交通省の解釈
に一喜一憂している日々が続いております。

一般の方には、何処までそのことが伝わっているのか・・
品質を確保しながら、自分の責任で人に迷惑をかけない
ことであれば、そこまで規制するのには疑問が残ります。
伝統的な町並みを残すところなんてどうなってしまうのか・・・
怖いです。

建築確認に関連する業務量は、年々増すばかりです。
中でも、構造設計担当者においては、適合判定になろうものなら
一昨年までの通常の2.5倍程度の業務にならざるを得ない状況です。

建築規制は何処へ向かうのか・・・・

CONTACT

お問い合わせ・
ご相談はお気軽にどうぞ第1・3土曜日に無料相談会(要予約)を行なっております。

お問い合わせはこちら
scroll top
0263-83-2758 お問い合わせ