tel

0263-83-2758 (平日9:00〜17:00)

お問い合わせ

家づくりのヒント・日誌 blog

BLOG

vol.2 「環境」を考える


長野県安曇野市で設計事務所をしている吉田
(安曇野ケンさん)と申します
住宅や店舗、医療施設、文化施設、工場などの設計,
を主にしております
———————————————————————
「続・設計屋さんのつぶやき」
「設計屋さんはどんな事を考えているのか?!」
数回にわたりお伝えしていこうと思います
———————————————————————

「環境」を考える
———————————————————————

どこかの企業・・
「地球を愛し感じる心」てのを企業理念にしている。
今、この心が宇宙船地球号には求められている。
そんな大きな事、言ったって検討もつかない。

■CASE1
タケシとケイコは結婚を期にアパートで共に暮らすようになった。
2人は、環境にやさしく、財布にもやさしい生活を決意し、
タケシは、自転車で会社まで通い、ケイコは買い物には
トートバックを携帯するように心がけた。
車も出来るだけ乗らないように、10人でカーシェアをした。
そういった意識が、当たり前になってきた・・

■CASE2
タケシとケイコは住まいを探した。
2人は、故郷を離れ暮らしていたので新築することを考えた。
「環境にやさしい」っていうモノサシを2人は、身に付けていた。
このときばかりは、かなり悩んだ。安さより環境を選択するべきか・・
世界中が環境を選ぶようになると、今は高い環境にやさしい
商品もたくさん流通するようになる・・
出来るだけ「環境にやさしい」っていうモノサシを使うことを決意する。
輸入材は、原油コストや見えない経費がかかるので地域材を
出来るだけ使うように考えた。
地域を大切にすることが、環境にやさしいことに気づく。

そんな、家庭が増える社会はもう来る。
温暖化の話題や気候変動のニュースが
常に聞かれる今日、遅いかもしれなくとも
少しでも未来を残すために・・・
「環境にやさしい」ってモノサシを持とう!

現実と向き合う時、思うように行かないことも多いけれど
心に持ち続けたいことである。

4月29日はみどりの日だったかと思うので
・・過ぎましたが、関連して「環境」について
思いつくところを書きました。

感謝です。

———————————————————————

「環境」
2文字から連想する言葉

・環境省
・環境共生住宅

・地球温暖化防止
・不都合な真実

・チームマイナス6%

・グリンピース

CONTACT

お問い合わせ・
ご相談はお気軽にどうぞ第1・3土曜日に無料相談会(要予約)を行なっております。

お問い合わせはこちら
scroll top
0263-83-2758 お問い合わせ