tel

0263-83-2758 (平日9:00〜17:00)

お問い合わせ

家づくりのヒント・日誌 blog

BLOG

宮城研修


今回、安曇野の業界団体の研修旅行に

東日本大震災8年経った東北宮城へ行って参りました

一日目 仙台・石巻

せんだい3.11メモリアル交流館

駅と保育園と併設された施設

地図にある薄く白い部分が津波が到達した部分

東部道路が防潮堤の役割をだいぶしたようで

仙台市街地への津波被害を抑制したことは間違いありません

 

■仙台市の防災プラン(グランドデザイン)

①海岸付近は居住できないエリアとして指定

②防潮堤を統一的に設ける順次整備

③県道を第二防潮堤として整備

④東部道路を第三防潮堤として考える

このように三段構えの防御で仙台の街を守るプランが

着々と進んでいました

 

近くに在る津波被害を受けた小学校

周りがすべて流されるこの屋上に避難できたかが運命を分ける

瞬間があったことに、近くに多数の新しいお墓があったのも

心が苦しくなりました

その当時の被害を受けた時のままの姿でした

一階の教室の様子。天井まで浸水したことがうかがえます

2階の教室。その当時のクラスの目標などがそのまま

残っていました

2階の廊下の棚に津波の到達状況が判る痕

荒浜祈りの塔

荒浜小学校を500mほど海に行くと鎮魂のために

その時に襲った津波の高さ(9m)の像がありました

心から手を合わせました。

 

石巻市へ移動  石ノ森萬画館を見学

当時、海から3kmほどの位置にあるとみられる

この萬画館も津波被害を受けました。当時、ニュースでも目にしました。

現在は再開されておられました

市役所前には仮面ライダー

ロボコン

そして、津波到達高さを伝えるものも、、

忘れてはいけないその事実。

集落ごとに避難できる施設が整備されていました

集会所の様な避難できるような施設

日常でも地域景観に溶け込む工夫も必要に感じました

石巻の漁港そばの災害復興住宅

 

■石巻の防災プラン(グランドデザイン)

①北上川の両サイド、海岸線には防潮堤

②海岸に近いエリアは居住できないエリア(公園など)

③避難施設や復興災害住宅の建設など

 

二日目 女川

 

■女川の防災プラン(グランドデザイン)

①防潮堤を作らない街づくり

②居住エリア、市街地はある程度盛土をした台地、

③海岸付近のメモリアルエリアは居住禁止(商店など)

※これは、津波被害のエリアの住民の大規模な移転や

インフラの再構築にどれだけのパワーが必要かというくらい

地元の理解と協力無くして、思い切った防災構築はない

 

工事スケジュールや復興方針など

復興ゾーニング

模型

市庁舎、図書館、病院などの複合施設

慰霊碑

千年後の命を守る決心を感じました

女川駅

坂茂さんが設計した駅舎

屋根の架構が独特で印象的でした

駅前は整備が進み、おしゃれな感じです

 

隈研吾さん設計の森舞台

 

宮城県大崎市にある「感覚ミュージアム」へ

設計は磯崎新さんに師事した六角鬼丈さん

独特の楽器

独特の遊戯

感覚の面白さを体験できました

 

3日目 仙台郊外

仙台市天文台へ

プラネタリウムや天文に関する展示の数々

好奇心の塊である子供さんにはお勧めです

最後に牛タンを食すことができ宮城を満喫して帰路に

 

■研修後期

東日本大震災で津波被害が大きく人々の記憶からは

3.11の出来事は決して忘れられるものではない

同じ津波が来たことを考えて、安全、安心して暮らせる

まちづくりを行っている

 

長野県においても、大地震が来た時の備えとして

耐震化や安全について標準として配慮をすることが

欠かせないと胸に刻むのでした。

 

また、都市計画においても、地震や豪雨などから人の命を守る

安全に暮らせるインフラ整備も欠かせない。

我々設計士だけでは、どうにもならない部分もあることに

気づくとともに、行政と民間が共同で災害に強い地域を目指す必要を

強く感じました

 

感謝

 

 

CONTACT

お問い合わせ・
ご相談はお気軽にどうぞ第1・3土曜日に無料相談会(要予約)を行なっております。

お問い合わせはこちら
scroll top
0263-83-2758 お問い合わせ